So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<振興銀事件>「中小企業振興ネット」2社を捜索…警視庁(毎日新聞)

 日本振興銀行(東京千代田区)による検査妨害事件で、同行の木村剛前会長(48)=5月に辞任=が理事長を務め、同行の融資先企業などで構成する「中小企業振興ネットワーク」の会員企業2社が、警視庁捜査2課に銀行法違反(検査忌避)容疑で家宅捜索されていたことが同行関係者への取材で分かった。検査妨害のため削除された電子メールには、親密な会員企業との取引に関する内容が含まれていたことも判明した。捜査2課は、同行とネットワークの間に不透明な取引があったとみて捜査する。

 捜索を受けたのは、金融コンサルティング会社「中小企業業務機構」と不動産管理会社「中小企業管理機構」(いずれも千代田区)。

 同行関係者によるとネットワークは中小企業間の「互恵互栄」を掲げる任意団体で、木村前会長が主導して設立。同行の融資先など百数十社が加盟し、捜索を受けた2社など「中小企業○○機構」という名が付いた数十社が中核をなす。複数の会員企業では役員に同行幹部が就任している。

 会員企業の関係者は「ネットワークが不正融資の温床になっている」と指摘する。同行から会員企業への融資が焦げ付くのを防ぐため、別の会員企業を経由させて新たに資金を供給する「迂回(うかい)融資」の疑いがある取引が散見されるという。

 金融庁幹部は「中小企業支援をうたいながら、高金利で預金を集め、その資金が親密企業間の不透明な取引に充てられていることは問題」と指摘する。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース
日本振興銀:木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認
日本振興銀:木村氏から事情聴き実態解明へ
日本振興銀:「違法」業務で黒字化 貸出残高35倍に急増
日本振興銀行:検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁
日本振興銀行:警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ

<鳩山前首相>特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
蓮舫・行政刷新相 鍛えた直言 田原総一朗さんも太鼓判(毎日新聞)
首相動静(6月10日)(時事通信)
SFCG 元社長ら任意同行、逮捕へ 資金流出の疑い(毎日新聞)
リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)

庄野真代、路上ライブに演説、菅夫妻とのトリオ歌唱希望(スポーツ報知)

 参院選に民主党比例代表で出馬する、歌手の庄野真代(55)が5日、東京渋谷区のJR原宿駅近くで路上ライブ兼街頭演説を行った。ヒット曲「飛んでイスタンブール」や、77年にカバーした「中央フリーウェイ」などを披露。尾骨にひびが入っている緊急事態にも関わらず「環境、音楽、ボランティア」への取り組みについて演説した。

 「飛んで―」の、鳩山由紀夫首相(63)との路上デュエットを提案していたが、まさかの首相交代。しかしNPO設立などで市民運動を続けてきたため、市民活動家出身の菅直人新首相(63)には期待。菅氏に加え「奥さん(伸子夫人)も一緒に」と、夫妻とのトリオ歌唱を希望した。

 【関連記事】
民主党比例代表・庄野真代…蓮舫さんと仕分け人やりたい!
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏
菅氏装うツイッター、民主党「本人とは何ら関係がない」
桂きん枝、「切り札登場や」…菅新首相誕生
民主党 比例代表 庄野真代 調べる

「ロバート」山本さん、首都高で追突事故(読売新聞)
<口蹄疫>「都農」食肉処理場約1カ月ぶり再開 搬出制限区域を家畜ゼロの緩衝地帯に(毎日新聞)
<H2Aロケット>不明の相乗り衛星ハヤト「生きてた!」(毎日新聞)
芋焼酎出荷量、麦を抜く=香り高く女性ファンも増加(時事通信)
鳩山首相、取材に応ぜず(時事通信)

普天間移設 シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り(毎日新聞)

 日米両政府は22日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に滑走路を建設する▽普天間の基地機能の沖縄県外への分散移転を検討する−−などで大筋合意した。28日にも発表する予定の日米共同声明に盛り込まれる見通し。代替施設の工法や、沿岸部のどの場所に建設するかは決めず、9月に先送りする。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれてきたのか

 建設場所については、06年の日米合意でシュワブ沿岸部を埋め立ててV字形滑走路を建設するとした現行案の環境影響評価(アセスメント)の手続きを遅らせないことを盛り込む方向で、現行案に極めて近い内容になった。

 鳩山由紀夫首相は22日午後、首相公邸に平野博文官房長官、滝野欣弥官房副長官や、日米審議官級協議の日本側担当者らを呼び、約2時間にわたって協議。日米大筋合意を踏まえ、23日の沖縄訪問で仲井真弘多(なかいまひろかず)知事らに説明する内容などを話し合った。合意では沖縄側の要望を受けて検討してきた負担軽減策の詳細まで詰まっておらず、どの程度理解が得られるかは不透明だ。防衛省幹部は日米大筋合意を受けて「あとは首相と官房長官の判断だ」と語った。

 これに先立ち岡田克也外相は22日、外務省でルース駐日米大使と約1時間半会談。日米審議官級協議も行われ、28日にも発表する共同声明について詰めの作業を行った。

 移設先を巡っては、日米実務者間の協議では当初、日本側は共同声明に「辺野古周辺」と明記することを求めた。しかし「辺野古への回帰に納得していない」(政府関係者)とされる鳩山首相が難色を示し、移設先としては「辺野古」を明記しない方向での調整を指示。結局「シュワブ沿岸部」との表現で、事実上の「辺野古」に落ち着いた。

 工法については、当初日本側が検討した「くい打ち桟橋(QIP)方式」に米側がテロ攻撃に弱いなどと難色を示したことから、日米で「埋め立て方式」を検討中だが、共同声明には盛り込まない。米側は、具体的な建設場所や工法について詰めることにはこだわらず、現在進めている環境影響評価手続きを遅らせないよう求め、双方の折衷案となった。

 普天間の基地機能の一部移転先として政府が検討している鹿児島県・徳之島も米側が難色を示していることなどから文書には盛り込まないことになった。

 また沖縄の負担軽減策として日本側が求めた環境特別協定の締結は、他の同盟諸国との関係を考慮した米側から明記を拒まれた。

 鳩山首相は22日公邸での協議に先立ち、札幌市での民主党の会合に公邸からのテレビ中継であいさつ。「沖縄の皆様にもこれからもしばらくご負担をお願いせざるを得ない状況だ」と述べた。【仙石恭、野口武則】

【関連ニュース
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【写真で見る】普天間基地移転候補地となった徳之島
普天間移設:仲井真知事 辺野古「正直駄目だ」 首相会談で伝達へ
普天間移設:辺野古案を拒否 「県内移設」シンポ
社説:=日米普天間協議 道理なき「辺野古回帰」

文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
秋葉原無差別殺傷 きょう第8回公判、4人の証人尋問(産経新聞)
産廃処分、家族4人を逮捕=無許可で天理市に―大阪、奈良両府県警(時事通信)
<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
「麗子」像傾き、誰かが戻す? =補強修理の方針―東京・亀有(時事通信)

堀内氏が“選挙始球式”王さんから「目指せ!総理大臣」(スポーツ報知)

 プロ野球巨人前監督・堀内恒夫氏(62)=スポーツ報知評論家=が14日、東京・後楽園で事務所開きを行い、史上初?の「選挙始球式」を行った。

 目の前に東京ドームが見えるビルの一室。通算203勝右腕から剛速球…ではなく山なりの緩いボールが3球、支援者のもとへ届けられた。投球後の堀内氏は「もう投げなくていいんだから(握手しすぎで)手がハレてもいい。汗をかいていく」と選挙戦への覚悟を語った。事務所の中はジャビット人形と硬式球が供えられた神棚、ワインドアップ姿のポスター、オレンジのイメージカラー…。祝電ではソフトバンク・王貞治会長(69)から「目指せ! 総理大臣」のメッセージが贈られるなど、野球に彩られたスタートとなった。

 民主党が五輪柔道金メダリストの谷亮子(34)、たちあがれ日本が同じ巨人OBの中畑清氏(56)を擁立。ともに比例代表のライバルとなるが、当の堀内氏は「土俵が違う。(中畑氏の出馬は)驚くほどのもんじゃない。ライバルは自分自身」と意に介さず。16日には地元・甲府で初の街頭演説を予定する。

 【関連記事】
政治の混乱をスターの顔で収めるのは間違っている
進次郎氏「巨人はまるで人材の宝庫」
中畑氏、絶好調男の決意…たちあがれ日本から比例出馬
桑田さん、錦織にエール「試練イコール挑戦」

糖尿病治療題材に寸劇 医師らの本音、黒子が代弁(産経新聞)
官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
口蹄疫で対策本部…牛殺処分徹底・農家支援など(読売新聞)
蜃気楼 富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)

建設会社社長ら逮捕、介護付き住居で詐欺の疑い―神奈川県警(医療介護CBニュース)

 完成する意思も能力もない介護付き高齢者向けマンションへの入居を勧誘し、一時金525万円をだまし取ったとして、神奈川県警は5月6日、建設会社「コスモス」社長の山崎辿容疑者(63)と取締役の山崎みどり容疑者(57)を詐欺の疑いで逮捕した。

 県警によると、両容疑者は2008年9月ごろ、共謀して70歳代の女性に終身住居型高齢者向け住宅への入居を勧誘。「11月末までには入居できる」などと虚偽の内容を伝え、一時金をだまし取ったという。

 一部報道によると、両容疑者は容疑を否認しているという。

■高齢者の相談件数11万超、7年前の倍―国民生活センター

 国民生活センターによると、高齢者を狙う悪質商法は増加傾向にあり、同センターへの70歳以上の相談件数は、08年度で7年前のほぼ倍となる11万4030件。04年度から毎年、10万件を超えている。


【関連記事】
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―東京
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者
不正請求などで訪問介護など3事業所の指定取り消し―徳島
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪

ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
首相動静(5月7日)(時事通信)
東淀川で女が交際相手の男刺す 殺人未遂で逮捕(産経新聞)
勝間さん謝罪 ひろゆき氏と対談で「だめだこれ」(産経新聞)

次期改定に向けた検討など今年度の活動計画を承認−看保連(医療介護CBニュース)

 日本看護学会など48の看護系学会・団体で構成する看護系学会等社会保険連合(看保連、井部俊子代表)は4月23日の総会で、2012年度の診療報酬介護報酬改定に向けた検討など5項目から成る今年度の活動計画案を承認した。井部代表は冒頭のあいさつで、12年度の同時改定に向けて「看護の適正な評価をしてもらうために、今年度、来年度は活動しなければならない」と述べ、「積極的にエビデンスをつくり、働き掛けをしていきたい」と強調した。

 承認された活動計画は、12年度の改定に向けた検討のほか、▽重点事項への研究助成▽内保連・外保連との連携強化▽効果的で迅速な情報提供-など。

 また看保連の役員会が、同時改定に向けて来年6月、「診療報酬改定への要望書」「医療技術評価提案書」「介護報酬改定への要望書」を厚生労働省に提出することを提案し、了承された。
 提案では、同時改定に向けた「具体的な活動」として、改定への要望項目について、加盟学会・団体の意向調査を実施することや、調査結果を役員会・委員会で検討することで、効率的な組織づくりをすることなどを挙げている。


【関連記事】
看護管理学会が都内で緊急フォーラム
「根拠に基づく診療報酬体系を」―三保連シンポ
看護師による在宅療養指導への評価を―看保連が要望書
提案技術の収集作業を本格化へ―次回改定にらみ看保連
介護報酬改定で要望書―看保連

淡海一家総長を逮捕 恐喝容疑、逃走手助け役も(産経新聞)
明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
橋下新党・大阪維新の会が発足(産経新聞)
高速新料金6月から「心配いらない」と首相(読売新聞)
次期改定に向けた検討など今年度の活動計画を承認−看保連(医療介護CBニュース)

高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)

 6月から実施される高速道路の無料化を巡り、20日の衆院国土交通委員会が紛糾した。

 民主党が昨夏の衆院選で政権公約(マニフェスト)に掲げた「原則無料化」の意味について、野党が突っ込み、前原国土交通相が回答に窮する場面もあった。

 赤沢亮正議員(自民)が、「原則無料化(にする路線)は何キロ・メートルを指すのか」と質問した。これに対し前原国交相は、無料化する距離には答えられず、「最終形がどうなるのかは、社会実験をしないとわからない」との答弁を繰り返したため、審議が一時中断した。

 高速道路の無料化は、民主党がマニフェストで、2012年度までの段階的実施をうたっている。しかし、財源の制約を理由に予算が大幅に圧縮され、6月からの実施は、全体の2割に満たない路線(計1626キロ)にとどまる。その他の有料区間については、料金の見直しで、多くのケースが値上げとなる。

 赤沢議員は、「ほとんどの区間が無料化されないならば、国民は許さない。ふざけた答弁だ」と訴えた。

【集う】日本財団 春の交流会(産経新聞)
村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)
原中新体制「混合診療」「医療ツーリズム」などに懸念―日医会見(医療介護CBニュース)
入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)
「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警(産経新聞)

住居侵入容疑で海自隊員逮捕=「空調工事に来た」と言い訳−山口県警(時事通信)

 酔って民家のベランダに侵入したとして、山口県警岩国署は15日、住居侵入容疑で、海上自衛隊岩国基地勤務の3等海尉鈴木利周容疑者(27)=岩国市中津町=を現行犯逮捕した。同署によると、「なぜここにいるのか分からない。覚えていない」と話している。
 逮捕容疑は15日午前1時25分ごろ、飲食店を経営する男性(38)=同市麻里布町=の住居兼店舗の2階ベランダに侵入した疑い。 

【関連ニュース
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】老いと生きる 女優・三原じゅん子さん(45)(産経新聞)
市川市、採用で学歴枠復活…年齢構成を調整(読売新聞)
<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)

鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日昼、米ワシントンで開かれる核安全保障サミット(12〜13日)に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発する。サミットでは「核なき世界」を目指すオバマ米大統領を支持する姿勢をアピールし、唯一の被爆国の立場から核保有国からテロ組織への核物質流出防止の技術的な協力を主張する方針だ。

 首相は滞在中、12日夜(日本時間13日午前)の晩餐(ばんさん)会で隣席となるオバマ大統領と非公式に会談し、米軍普天間飛行場の移設問題について5月末までに決着させる日本政府の方針に理解を求める意向だ。12日午後(同)には中国の胡錦濤国家主席との会談も予定されており、14日夜に帰国する。

【関連記事】
鳩山首相、タイ首相に邦人死亡の真相究明などを要請
首相がポーランド大統領死去で哀悼の意
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
イラン追加制裁議論、月内採択なお困難
イスラエル首相、核サミット参加見送り 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

消費税率、11年度から上げ提言=「毎年2%」−持続的成長に不可欠・経団連(時事通信)
将棋 三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
<命名訴訟>「玻南」不受理は適法 最高裁、両親の抗告棄却(毎日新聞)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も−旭川商工会議所(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。